読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドコモのXperiaをLINEモバイルに乗り換えてスマホ代を月2000円にした全手順紹介

f:id:saruyoshinanoda:20170122092641j:plain

これまでドコモでXperiaを購入し、月額6,500円ほどで利用してきました。

Xperiaは分割で支払っているため、合計の支払額は8,000円ほどになります。

 

この高いスマホ代を2,000円以下に抑えるべくLINEモバイルに移行したのでその手順を順を追って紹介していきたいと思います。

 

 

 

1.エントリーパッケージを購入する

f:id:saruyoshinanoda:20170122093202j:plain

エントリーパッケージとは、格安SIMを契約する際に発生する新規契約事務手数料3,000円を無料にすることができるコードが記載されているカードのことです。

LINEモバイルのエントリーパッケージは約900円でAmazonで購入することができるため、実質その900円で新規申し込みができるということになります。

 

 

2.ドコモのマイページからMNP予約番号を取得する

f:id:saruyoshinanoda:20170122094130j:plain

 

現在利用している電話番号をそのまま移行するには「MNP予約番号」を取得する必要があり、MNP予約番号の取得方法は以下の3通りとなります。

 

・電話で取得

9:00~20:00

ドコモの携帯から:151、一般電話から:0120-800-000

 

・ネットで取得

9:00~21:30

Myドコモにログインし、ドコモオンライン手続きから可能

 

ドコモショップで取得

 

 

MNP予約番号には15日の有効期限があり、LINEモバイルを申し込みする際には10日以上の期限が残っていない場合は申し込みができないため、再度取得する必要があります。

 

MNP予約番号を使用しなければドコモは継続となる

MNP予約番号を取得しただけではドコモは解約とはなりません。

格安SIMを申し込む際に「MNP予約番号」と「有効期限」を入力し、実際に乗り換えた時点でドコモは解約となります。

もし、MNP予約番号を取得し有効期限内に使用しなかった場合、再度取得をすることになります。

 

ちなみに僕はmydocomoにログインし取得しましたが、取得にかかった時間は3分くらいです。

 

4.LINEモバイルに申し込みをする

MNP予約番号を取得し、エントリーパッケージが届いたら次に申し込みをするのですが、申し込む際に一番大事になるのが以下の2点となります。

 

◆使用したいスマホがLINEモバイルでそのまま利用できるか?

LINEモバイルで利用したいスマホはドコモから購入した「Xperia X Performance」のため、ドコモ回線を利用しているLINEモバイルではSIMロック解除をすることなくそのまま利用することができます。

もしauソフトバンクで購入したスマホでLINEモバイルを利用する場合にはSIMロック解除をしなければLINEモバイルのSIMカードを使用することはできないため、事前にSIMロック解除を行っておきましょう。

 

◆どの種類のSIMカードを使っているのか?

f:id:saruyoshinanoda:20170122094838j:plain

SIMカードは「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類となります。

SIMカードサイズを間違って選択してしまうと、スマホ本体に挿し込むことができず、利用できません。

その場合はSIMカードを変更してもらわなければいけなくなるため事前に調べて置く必要があります。

 

SIMカードサイズを調べるにはメーカーのサイトやキャリアのサイトからでも確認できますが、価格ドットコムが手っ取り早く確認できます。

 

価格ドットコムでSIMカードサイズを調べる方法

価格ドットコムで調べたい機種のページからスペック情報を開きます。

f:id:saruyoshinanoda:20170122095344j:plain

 

SIM情報に「nano-SIM」と記載されているので、Xperia XZはnanoSIMを利用していることがわかります。

f:id:saruyoshinanoda:20170122095438j:plain

 

メーカーやキャリアの紹介ページではフォーマットでSIMカードサイズが記載されている場所がバラバラですが、価格ドットコムでは全ての機種で掲載位置が統一されているためわかりやすくなっています。

 

LINEモバイルに申し込む

LINEモバイルの申し込む際には以下の書類が必要になります。

 

・メールアドレス(ドコモやauなどのキャリアメールは不可)

・免許証などの身分証明書

・クレジットカードもしくは、LINE Payカード、クレジットカードが登録されているLINE Pay

MNP予約番号(電話番号をそのまま乗り換える場合)

 

申し込みの際に「通常申し込み」と「コードを使用して申し込み」がありますが、エントリーパッケージを事前に購入していたため、コードを使用して申し込みを選択します。

f:id:saruyoshinanoda:20170122100115j:plain

 

そして次に料金プランを選択します。

LINEモバイルにはLINEのみがカウントフリーで利用できる「LINEフリープラン」とLINE・TwitterFacebookInstagramがカウントフリーで利用できる「コミュニケーションプラン」があります。

LINEフリープランはデータ容量が1GBしか選択できないため、3GB~10GBで選択できるコミュニケーションフリープランの3GBを選択しました。

f:id:saruyoshinanoda:20170122100236j:plain

 

コミュニケーションフリープラン3GBは月額1,690円となります。

この金額には通話料は含まれていませんが、通話料を含めたとしてもドコモ時代の6,500円以上を超えることはないでしょう。

 

そして次にSIMカードサイズを選択します。Xperia X PerformanceはnanoSIMを利用しているため、「ナノSIM(小)」を選択します。

f:id:saruyoshinanoda:20170122100545j:plain

 

画面下部には初期費用な月額料金が表示されていますが、エントリーパッケージを使用しているため初期費用が0円になっています。

f:id:saruyoshinanoda:20170122100636j:plain

 

MNP予約番号と有効期限を選択

f:id:saruyoshinanoda:20170122100739j:plain

 

免許証などの身分証をアップロードし、支払い方法、個人情報などを入力し、申し込み完了

f:id:saruyoshinanoda:20170122100842j:plain

 

4.SIMカードが届いたら、MNP移行とAPN設定を行う

f:id:saruyoshinanoda:20170122101010j:plain

申し込みから2日後にLINEモバイルからSIMカードMNPを行うための受付先の電話番号が記載された用紙が届きました。

 

SIMカードを入れる前にMNP移行を行う

SIMカードを先にスマホに挿し込んでしまうとMNP移行の電話をすることができなくなるため、電話をした後にSIMカードを挿し替えましょう。

MNP移行の電話をしてから1~2時間は切り替えまで時間がかかるため、その間にSIMカードの挿し替えやAPN設定を行います。

 

LINEモバイルのMNP移行は電話で行うことになりますが、その際にオペレーターへ以下の内容を確認され本人確認を行うことになります。

 

LINEモバイルのMNP開通受付窓口

・0120-889-279(携帯可)

・受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

・電話番号

・氏名

・生年月日

・申し込みの際に決めたID

 

本人確認が取れれば、MNP移行の手続きは完了です。SIMカードを使用したいスマホに挿し込みましょう。

 

 

APN設定を行う

APN設定とはアクセスポイントネームの略で、スマホをネットに接続するための設定のことです。

つまりこの設定を行わなければスマホをネットに接続することができません。

 

APN設定方法はスマホの設定から行います。以下の画面はXperia X Performanceとなります。

 

設定→もっと見る(機種によってはモバイルネットワークがすでにある場合もあります)

f:id:saruyoshinanoda:20170122101724j:plain

 

バイルネットワーク

f:id:saruyoshinanoda:20170122101748j:plain

 

アクセスポイント名

f:id:saruyoshinanoda:20170122101800j:plain

 

ドコモのXperiaのためAPNの欄に「spモード」しかありませんが、NexusやZenFoneなどのSIMフリースマホの場合、一般的なMVNOのAPN情報がすでに設定されている場合があるため、もし契約したMVNOがある場合はそれを選択するだけになります。

 

f:id:saruyoshinanoda:20170122101858j:plain

 

以下の画面が表示されるので、送られてきたマニュアルに記載されている情報を入力します。

f:id:saruyoshinanoda:20170122102100j:plain

 

LINEモバイルのAPN情報

APN:line.me

ユーザー名:line@line

パスワード:line

認証タイプ:PAPまたはCHAP(選択式)

これらの情報を入力します。それ以外の項目は空白で構いません。

これでAPN設定は完了となります。

 

ちなみにiPhoneの場合はAndroidのように手入力ではなく、プロファイルをダウンロード→インストールすることになるため、マニュアルに記載されているQRコードを読み取りダウンロードします。

 

 

これでネットが使えるようになればOKとなります。

f:id:saruyoshinanoda:20170122102318j:plain

ただしMNP移行の電話から1~2時間はネットも電話も使えません。

僕の場合、電話から1時間半後にMNP移行完了のメールが届きネット・電話ともに利用できるようになりました。

 

※LINEモバイルからMNP移行完了のメールが届いても使えない場合はスマホを再起動することで利用できるようになります。

 

 

以上がドコモからLINEモバイルへ移行するための全手順となります。

 

LINEモバイルに決めた理由

f:id:saruyoshinanoda:20170122102618j:plain

 

コミュニケーションフリープランの料金

   データ通信+SMS 音声通話+データ通信+SMS
 カウントフリー  LINE、TwitterFacebookInstagram
 3GB  1,110円 1,690円
 5GB  1,640円 2,220円
 7GB  2,300円 2,880円
 10GB  2,640円 3,220円

 

一般的に利用されているデータ容量の3GBのプランの料金の相場は「1,600円」となっています。

LINEモバイルの3GBプランは「1,690円」と90円だけ高いため、価格だけで見ると優位性はありません。

しかし、LINEモバイルにはLINE・TwitterFacebookInstagramが無制限に利用できるというメリットがあります。

 

LINEとTwitterを利用することが多いのですが、特にLINEに限っては同じアカウントを別のスマホで利用する事ができないため(iPadやPCでは可能)、必然的にメインのスマホでしかLINEをすることが無くなります。

そのためがっつりLINEを利用するスマホはメインで利用しているスマホであることが必須となるため、メインで利用するスマホでLINEモバイルを利用することにしました。

 

また、カウントフリーで利用できるこれらのSNSアプリは速度制限がかかったとしても常に高速で利用できるため、これらのアプリが遅くなって使いづらくなるということもありません。

そのため月々90円高いとは言っても、それくらいのメリットはあるだろうと思っています。

 

 というわけで、これまで6,500円で利用していたドコモからLINEモバイルに移行したことによって1,690円となり、これに通話料を含めて月平均2,000円ほどになるのではないかと思います。

 

最後に、ドコモの解約は更新月に行ったため9,500円の解約金は発生しませんでしたが、2016年6月に購入したXperia X Performanceの支払いが一気に来るため、約8万円の支払いがまとめてやって来るため、 もしスマホ代の請求が一気に来るのが困る方は注意が必要です。

 

saruyoshi.hatenablog.com

 

 

LINEモバイル公式サイト